droneドローン診断

ドローンを使って診断をより正確・迅速に

住宅の屋根や、外壁の高い部分などは、普段目視が出来ないため、状態の確認がしづらい箇所です。しかし、破損や劣化がしやすい箇所でもあり、放置をしておくと取り返しのつかないことになりかねません。

旧来であれば職人による確認の作業が必要で、その作業にははしごや足場を組み、コストや時間がかかるものでした。

しかし、KAPENではドローンを使った診断が可能です。ドローン診断では、より迅速で、安全、しかもコストを抑えた外壁・屋根診断をご提供可能です。

従来の診断方法

コストや時間がかかっていた

通常の診断では、地上から目視でお住まいの状態を確認します。しかし、高所の場合は目視が出来ないため、足場を作ったり高所作業車を手配したりと、時間やコストがどうしてもかかるのが難点です。

破損のリスクがある

正確な診断を行うためには、より近い場所での確認が必要になります。そのため、人が屋根に登って確認をしていきますが、屋根は本来人が乗ることを想定していないため、その分余計な負荷をかけてしまいます。屋根を修繕するための確認作業で、屋根に負担をかけるという本末転倒な方法でした。

依頼者が状態を確認できない

診断は職人の目で行い、その報告を受けるだけでは、実際にどのような不具合があるのか、どの程度の破損・劣化なのかが判断できません。悪徳な業者では、過度に状況を報告し、不安を煽り、不必要な修繕を押し売りすることも…

ドローン診断のメリット

足場が不要なので、診断のコストを下げることが出来る

ドローン診断の場合、従来のようなはしごや足場を設置する費用が不要になります。診断するだけで見積もりに加算されていた余計な足場代がカットできるため、低コストで塗装が行えるようになります。

人が屋根に登らないので、余計な負担をかけない

傷んでいる屋根に人が登ると、そのせいで余計に状態が悪くなるということがありますが、ドローンなら心配不要です。

撮影内容をその場で確認できる

ドローンで空撮している映像は、リアルタイムで確認が可能です。今まで報告やレポートでしか確認できなかった診断状態を、依頼者様ご自身の目で確かめていただけるようになります。

撮影内容を保存し見返すことが出来るので、正しい診断が出来る

従来の目視では、その場の天候や時間帯、あるいは職人のミスによって、確認漏れや誤診断が起こり得ました。その点ドローンでは、撮影したデータを保存しておくことで、複数人によるチェックや、再確認も可能になり、正しく状態を診断することが出来ます。誤った診断を行い、再塗装を行う必要があると余計な出費になりますが、こうした金銭的なトラブルも回避可能です。

KAPENがドローン診断を採用している理由

KAPENでは、業界ではまだ珍しいドローン診断を先駆けて採用しています。その最大の理由は、お客様に余計な費用を負担させないようにすること。

残念ながら、業界のなかには悪徳な業者が存在します。診断の際にわざと傷をつけ、請求を釣り上げるという、とんでもないことをしている業者がいるのが現実です。

ドローン診断では、そのようなことは一切起こりえません。お客様に一緒に確認頂ける上に、実際に足場を組んだり屋根の上に乗ったりしないため、負担がかからず、”必要な修理”に対してだけお見積りを行うことが出来ます。

住宅の塗装をご検討中なら
ぜひお問い合わせください。