~後期高齢者問題と空き家~

最近、多くの地域で空き家問題があります。シニア世代が家を離れ施設に入ったり、子どもさんと同居したり、他界されたりと理由は様々です。コロナ禍で都心から自然環境が良く、敷地、建坪の大きめの住宅を購入したい方が増えています。在宅勤務、オンラインでの仕事環境が企業、店舗、自宅に整ったことで郊外に住宅を探す人が増えました。

ドローン診断のメリット

KAPENがお客様と一緒に見守ります

工事着工

日々技術を磨き、お客様の物件を大切にしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で空き家の売買についてみていると、綺麗にしてある家はそれなりの金額で、購入者も早く見つかっている傾向があります。理由はいくつもあると思いますが、中古住宅を買うにあたりローンを組むことが多いです。出来れば購入後に新たにリフォームローンは組みたくないですよね。それに高度経済成長期~バブル期に建てられた住宅は軒が広く造りがしっかりしています。

住宅を売りたいと考えている方は家を大切にしておいてください。大切に使っていた思い出の家は新たな家族が新しい思い出を作りながら、大切に使ってくださいます。