パステルカラーの外壁 (日高市 K様邸) ~工事の様子~

外壁の色   

外壁の色はシックなイメージの白をベースにしたベージュ・グレーなどが多く選ばれています。今もこの色系を選ぶ方が多いです。そんな中、春のような可愛らしい優しいパステルカラーを選ぶ方が増えているように感じます。先日、KAPENのお客様のお宅の塗装が完了しました。すっかり色が明るくなり周辺の街も春のような感じになりました。

住宅の色を選ぶのはなかなか難しいものです。小さな見本で見たものと実際に大きな壁に塗ったものでは雰囲気が変わります。お客様が一番楽しいのはきっとこの色選びの時間かもしれませんね。KAPENの担当者もその時間をお客様と共有し相談をしている時間がワクワクしてうれしいです。

契約を交わした後は、私たちKAPENの本領発揮!まずはスケジュールを作成。材料の発注・準備。近隣の皆様の生活が少しの間ご不自由になりことがありますのでご挨拶と簡単なスケジュールの説明をします。職人と打合せ。いよいよスタートです。

                  

風通しが良い場所に建ってますがコケやカビが出ていますね。外壁の隙間にホコリや土などが入り、水分を含んでこのような現象が起こります。放置しておくと外壁内に水分が入り冬季の凍結などで外壁内が剥離します。この状態はすでに防水機能がない状態となっています。

↑の写真は別のお宅のものです。防水機能がなくなり、内部の水分が凍結して剥離を起こしたものです。

工事スタートの前に

このお宅がどのようになるのか楽しみですね。

最初に行うのは工程を組みます。仕様確認を行います。

塗装工事一週間前に着工前に近隣に挨拶を行います。そして材料の購入。

工事スタート

足場を組みます。飛散養生シートを付けます大きなカーテンみたいですね

高圧洗浄できれいにします。この日を着工日となります。

 

きれいになった壁に下地処理行います。しっかり確認して、ひび割れの補修や、剥がれを取り除きます。腐った木材は浸透性の塗料で固めるか、部分交換をおこないます。屋根の隙間にタスペーサーを入れます。空気の流れを塗料が遮断しないように行います。これをしないと雨漏りを起こしてしまします。白い線はひび割れの補修です。

 

いよいよ塗装を始めます。下塗り・中塗り・上塗りを基本的には行います。

   

 

大きなカーテンの中ではどんどん綺麗になってきています。

細かい部分の確認手直しなどを行い最終確認。

完成

全ての工事が終わります。いよいよお披露目です。

これからお客様の幸せがますます増えていきますように(*‘∀‘)