外壁のひび割れ=クラック とは

ひび割れには2つの状態があります。

ひび割れの幅を「0.3mm」を基準として判別します。

髪の毛のように細いひび割れ=0.3mm未満のものを「ヘアークラック」、0.3mm以上のひび割れを構造クラックと呼びます。

これらの違いは簡単に言えば、そのひび割れが表層だけなのか、貫通してしまっているのかの違いとなります。

 

「表層だけのヘアークラック」の場合の処理方法

緊急性は低く、そのまま外壁塗装をされるだけで問題ありません。

ただし今後のひび割れ拡大のリスク対策として、モルタルなどの場合には外壁塗装の際の下塗りに微弾性フィラーを使用されることが望ましいと言えます。

 

「貫通してしまっている構造クラック」の場合の処理方法

VカットまたはUカットでひび割れ幅を広げ、シーリング材をよりひび割れ内部へ充填することが大事です。

細いひび割れに対してはシーリング材をそのまま乗せただけでは、ひび割れの表面に蓋しただけとなり、極論テープを張っただけと変わらないとも言えます。

しっかりと圧力をかけ、ひび割れ内部へシーリング材を充填する「注入工法」も一つの手です。

注意点としては、これらの処理をしたうえで外壁塗装をすればその処理箇所がわからないくらいになるわけではありません。

目立つ度合いは人によりけりですが、ミミズのようなクッラク補修跡が必ず残りますのでその点はどの塗装会社でご依頼されるにしてもご容赦ください。

 

※クラック補修跡については、さらに費用を掛ければわからなくする方法もありますがあまり現実的ではないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

2024年3月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31