通気緩衝工法とは

通気緩衝工法(つうきかんしょうこうほう)とは。ウレタン防水の密着工法を行う際に、下地に水分が残ってしまい防水層が膨れ上がり破断を防ぐための工法で、通気層を設けることにより、下地や既存防水層内部の水分を逃がすための工法です。

 

2023年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930