遮熱と断熱

様々な分野で遮熱〇〇、断熱〇〇といった製品があります。

どのように遮熱と断熱が異なるかを説明します。

【 遮熱 】

簡単に言えば夏場に大きくメリットをもたらす性能と言えます。

「熱の動き」という用語説明にて熱の伝わる方には伝導・対流・放射の3つがあると述べています。

遮熱はこの中の放射に対し効力を発揮しているものです。

太陽光は何かしらの物質の吸収されるまでは≪電磁波≫として存在し、吸収されて初めて電磁波が熱へと変わります。

この過程の中で電磁波を吸収しないように遮蔽するものが遮熱となります。

そのため遮熱塗料でいえば塗装した部分はこの機能性によりそもそも熱を持たなくなるため

工事した場合とそうでない場合で表面温度の違いが顕著に表れます。

熱を持たないことからその部位については熱によるダメージが大幅に削減されるメリットも付与されるのです。

 

【 断熱 】

遮熱と比較して断熱は内外部の温度を出入りしにくくする効果があります。

効力としては熱の伝導・対流を抑制するもので、熱の伝導は空気を壁とすることで伝わりにくくするといったものです。

仕組みとしましては風船のように中に空気を抑え込み、固定しているあるいはスポンジのように空気を動きにくくしていることで熱の移動を抑制しているのです。

そのため、断熱はその表面と自体は熱を持つことにはなります。

ほとんどの塗料では遮熱といってもこの断熱効果をもとにしているケースが多いです。

 

【 共通点 】

・通常の塗料よりも高い

・夏場は同系統の効果を発揮する

・耐久年数は樹脂の種類・量によって異なる

 

【 個人的見解 】

・開口部の多い戸建て住宅では遮熱塗料や断熱塗料の点においては期待されているほどの効果は得られないと思います。

 計測すればわかるレベルで実感するほどとまではならなそうです。

 遮熱・断熱においては一番熱の影響が出る開口部を対策されることが望ましいと言えます。

 工場や倉庫などの大規模な建物でしたら非常に費用対効果の得られるものですのでお勧めです。

 ⇑とは言いましたが、多少なりとも効果は得られますのでそういったご希望の方にも工事対応は十分にできますのでお気軽にご相談ください。

 

《 おすすめ遮熱塗料 》

アドクールNADシリコン 

アドグリーンコート 

⇒ 数多くの倉庫や工場、ビル、小中高大学に加え厩舎や鶏舎・牛舎、通信基地、危険物倉庫、極低温タンク、海外の航空母船、スキードバイなど高温対策が必須な現場にて数えきれない程の実績・信頼のある製品です。

エシカルプロクール

 

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031